T4・カラヴェル VR6 ミニ特集
先日のMTV2008七夕オフでブービーさんが乗りつけた謎の車、T4・カラヴェルVR6のミニ特集!

VR6とは?
VR6 Explorer ポリシー
VR6 Explorer BBS
VR6 スペシャル
先日のオフ会では「Matsuoさんが来るまでよい写真が撮れなかった」と嘆いていたところ、ブービーさんが愛車の写真を送って下さいました!

ありがとうございます^^

この車は正規輸入且つ乗用モデルとしては日本に1台程度しか生息しないT4・カラヴェルVR6。
右ハンドル、VGJの正規モノ。

横から。

なんの飾り気も無いボクシーなスタイルが最高にカッコいい。

フロントフェンダーのスリットに注目。
W124の刷り込みで「ディーゼル?」と思う方もいるとか。
(W124と同一人物がこのスリットをデザインしたらしい)

ホイールはW8純正17インチ。似合ってますね。

遠くに写る、ワーゲンバスは偶然か必然か?

うしろから。

これほどボディサイドが垂直に切り立っている車は最近少ないのでは?

ワイパー、テールランプ、テールゲート。
どのパーツも「仕事はきっちりします!」的なデザインで、飾り気や洒落っ気は一切無し。
でも魅力的なリアビュー。
このアングルがこの車の全てを語ってますね。
カラヴェルでは一番好きな角度かも!

エンジンルーム。
車体は巨大なのにシャランに負けず劣らずコンパクト。
VR6の文字が誇らしげ。
グリルのVWMSマークに注目。
これは貴重品ですよ。G3系のVR6と比べてトルク重視方向でセッティングされているそうです。

エンジンを上から。

ゴルフ・ヴェント系のVR6とは全く趣が異なります。

で、このVR6カバーを外すと・・・

ぶっといパイプが!
これはインマニです。
コンパクトなエンジンルーム内でインマニの距離をとり、トルクを稼ぐためにこのような複雑な形状をしているようです。

と、いうわけで、近々中にこのT4カラヴェルVR6は取材し、総力特集組みます!
お楽しみに!

ブービーさん貴重なお写真ありがとうございます!
取材のときはよろしくお願いしますね!

←前の記事
MTV2008 七夕オフ
性懲りも無く今年も開催、七夕オフ!


次の記事→
中部地方オフ会
ついに実現!


関連記事
VR6とは?
VR6の秘密と魅力に迫る!

関連記事

T4カラヴェルVR6解体新書


2007七夕オフ
第一回目の七夕オフ




copyright(C) 2007-m.Kamata All Rights Reserved