Meet the VR6 2008 Cine Libre オフ会
2008年、第一回目のオフ会、MTV2008 Cine Libreオフ会の様子をアップしました。
今回の集合台数は9台と過去最高の台数。
MT換装ヴェントVR6をはじめ、シャランVR6まで大集合!

VR6とは?
VR6 Explorer ポリシー
VR6 Explorer BBS
VR6 スペシャル
お馴染みyamさんのVR6。
いつもBBSではいろいろご指導頂き感謝です!


愛情タップリのメンテナンスが施されています。
今回はキーレスを装備したそうです。
初参加ゆーさんのヴェントVR6

なんと出張先の愛知県から出動!
ありがとうございます!
元々は岡山の方です。

最初、自己紹介でゆーさんの名前をお聞きした時にまさか「岡山のゆーさん」だとは思いませんでした(笑)
今までのなかで最も遠方からやってきたVR6ですね。

しかもこのVR6、すごい秘密が・・・
ん・・・?
マニュアル!
右ハンドルのマニュアル!!

なんとATが逝ってしまったためにMTに換装。

コラードVR6のミッションケースにA3GTIのギアを移植。

ちょっと運転させてもらったのですが、いいんですわ、これが・・・
ゆーさんのヴェントのエンジンルーム。
マニュアルギヤボックスが見えますか??
いけさんのVR6
こちらもスゴイことになってます^^;
なんとCOXのSZチューン!
200cc増量の3000ccとなっています。
まだ慣らし中とのことで全開には出来ないとのこと。
雰囲気あるエンジン。ノーマルよりエンジンサウンドが野太い感じです。

燃料ホースの耐熱処理はマネしたいポイントです。
次回の馬力祭りでは間違いなく優勝でしょ!
初参加のなかじさんのVR6。
3月に購入されたばかりだそうで、これからが楽しいところです!

やはり純正のBBSカッコイイなぁ・・・
時々恋しくなるときあります(笑)
初参加おいどんさんのVR6。
なんと某オークションで格安で入手したという車。
でも程度は抜群!
これは当りでしたね^^

初登場!シャランVR6!!
これはレア!
飛び入りご参加のパンダさんです。
シャランを初めて見る方も多くて今回の一番人気。
車というよりはヨーロッパの高速列車のデザインを彷彿させます。
知的でクールで合理的なデザインです。
カッコいい!
VR6がエンジンルームにきっちり納まっていますが、エンジンルームが狭く整備に手間がかかるのと、熱がこもりやすいのが悩みのようです。

しかしゴルフ系とは全く異なる設計思想ですね。
シャランの室内。
ちょっと座らせて頂いたのですが、VW的正しいアップライトポジション。
長距離がとても楽そうですね。
シャランのラゲッジルーム。
3席きちんと独立していて航空機みたいなシート。こういうディティールがたまらんですね^^

ラゲッジの床には2脚シートを足すことが可能な金具があります。
しかし作りが頑強で重たいシートは取り外しに難儀するとか。
腰を痛めないように気をつけて下さい。
シャランのプレーンな後姿。
端正な佇まい、合理的な設計、抜群の使い勝手、そしてVR6エンジン。
これ最高じゃないですか?
カマタはちょっとシャランが欲しくなりました^^
ちょっと遅れて参上!
D&Gの平塚軍団。
(D&Gはドルチェ&ガッパーナじゃなくてDaiさんとゴローさんですw)

相変わらず必要以上にカッコよすぎるこの2台(笑)
DaiさんのVR6。
グリルをつや消し黒にしたり、車高を調整したりして、更に男前に。

この基本スタイルを変えずにいじるスタイルは好きですねー^^
ゴローさんのVR6。
以前七夕オフでお会いした時より大幅に変身!
このホイールはどうなの!?(笑)
車高といいパーフェクト!
BORBETの16インチ×9J・・・9J!?
完璧ツライチ状態。
タイヤも鬼のように引っ張り!
空気圧さえ気をつけておけばハードに走っても意外と平気らしいです!

これはカッコイイ!

US仕様のサイドマーカーにも注目。
凝った光り方がプロの電装屋さんの仕事。
リアパネルもご覧の通りスムージング。
これゴローさん本人が塗装直前までご自分で仕上げているとか!
す・・・素晴らしい!

素人臭さが皆無の完璧な仕上がりでした。
ルーフの黒塗装もいい感じ。

詳しくはゴローさんのブログへどうぞ。

さてゴローさんはここからどこへ向かうのでしょうか?(笑)


ご覧のように9台ものVR6が集合。過去最高の賑わいでした。
皆さんお忙しいところお集まり頂きありがとうございました。
またお会いしましょう^^

(ちなみに自分のVR6を撮り忘れました)

←前の記事
謎の発掘ホイール
カマタのVR6の足元を飾る謎のホイールの話


次の記事→
MTV2008 七夕オフ
2008年も懲りずに開催!


関連記事
VR6とは?
VR6の秘密と魅力に迫る!




copyright(C) 2007-m.Kamata All Rights Reserved