Google
 
MTV2007 Sanfter Wind 〜ザンフターヴンド〜
今回は、このHPではお馴染み、埼玉県岩槻区にあるSanfter Windさんの敷地をお借りしてMTVオフミを開催しました。

当初、4/21は悪天候の予報だったにも関わらず、当時はご覧のとおり晴れました。
これも日ごろの皆様の行いがよいからでしょうか?

さて今回お集まり頂いた方々は・・・


VR6とは?
VR6 Explorer ポリシー
VR6 Explorer BBS
VR6 スペシャル
予想外のクルマ、現る!
ずはMさんのcox628si。
いつも参加ありがとうございます。

パッと見、VR6に見えますが、日本におけるVWチューニングの老舗COXが製作したコンプリートカーです。
内外共にキッチリ手が入っており、coxエアロまで纏った628siはこのクルマしかカマタは知りません。

11万kmを走破したとは思えぬキレイなクルマです。
るごるさんのBMW530ツーリング。

ん?なんでここでBMW?
実はごるごるさんはVR6を二台も乗り継いでいるベテランだったのです!
諸事情により残念ながらVR6は手放してしまいましたが、VR6が恋しくなってしまい、OBとして遊びに来てくださいました。
初代のVR6が出先でAT故障して、後進出来ない状態で200kmちかい道のりを帰宅した話は今でも語り草ですね(苦笑)

久々のVR6はいかがでした?
しかし今度のクルマもカッコよく決まってますね!
カさんのヴェント。

仕事でお忙しいところ、遊びにいらして下さいました。
ありがとうございます!

BWAレーシングのホイールとエアロミラーがイイですね!

今回はほとんどお話できませんでしたが、次回またお会いしましょう!

※VWのキャップとそのホイール形状から、最初はVWMS製ホイールと勘違いしました^^;
キャップよくできてますね!
して突如現れた、もう1台のcox628si!!
オーナーのほり。さんもVR6を2台乗り継いだ猛者です。

この日はエアコンの不調のため、偶然Sanfter Windさんにいらしたところで、オフミにご一緒して下さいました。

渋いカラーのBBSの17インチホイールが黒いボディと相まってスパルタンな空気を漂わせています。
々皆さんのクルマを撮影しておいて、自分のクルマを撮るのを忘れてた!

そしたらMさんが撮影したカマタ号の画像をメールで送ってくださり、助かりました。ありがとうございます(ホッ・・・)
右側の茄子色のがカマタのVR6です。
最近KONIを装着していい感じです。
今回試乗された方々からは「固すぎず、柔らかすぎずイイ!!」との感想をいただきました。

なみにVWブラックマークはごるごるさんのVR6に装着されていたものを受け継いでいます。

しかし・・・VR6が1台に、cox628siが2台とはえらいことになりました。
エンジCOX628siの謎・・・
ちら2台がそろい踏みしたMさんとほり。さんのcox628si。
なかなか見れないツーショットですね。
両車ともにオーリンズサスペンションキットとBPR(ロム)を組み込んだ仕様のようです。

Mさんのシリアルナンバーは0004、ほり。さんは0014。
ちなみについ先日、Mさんが某所で見たcox628siが0015。
その628siはコンプリート化してから1年程度のクルマだったとか・・・

いったい628siって何台存在するんでしょう??
々しいことにこの2台の628siに試乗させて頂きました。

ともにBPRを組み込んであるのでエンジンフィーリングはよく似ています。
ノーマルのVR6と比較するととにかく低速域で乗りやすく、下から上までスルスルとスムーズに回る。
コイツは街乗りベストだと断言できます!
ノーマルVR6の低回転でモサモサと回り、上にいくほどギューン!!っと回る感じも捨て難いですが・・・(笑)

いずれ機会を見て、この2台の628siをじっくりと取材させて頂きたいです。

Sanfter Windウェブサイトこちらから!


→次の記事 
世界最速・最強自動車、現る。

←前の記事
MTV2007 Mt.Fuji



copyright(C) 2007-m.Kamata All Rights Reserved