VR6 馬力祭り!!
2007年12月29日
スーパーオートバックス東雲でVR6の馬力比べ開催!!
シャシーダイナモに載せて馬力とトルクを測定します。

これがとんでもない結果になりました・・・

VR6とは?
VR6 Explorer ポリシー
VR6 Explorer BBS
VR6 スペシャル
出場車登場!!
奥からyamさん、いけさん(今回はギャラリー)、カマタ、いけいけさん。

各車紹介していきましょう。

まずはyam号。
1994年モデルで13万km走行。エンジンのアタリが最も出ていると思われる走行距離だが、エアクリファンネルのセッティングに難儀。しかしダイソーチューンでトルクで弾けるタイプか?

お次はいけいけ号。
今レース最強のダークホース。
1993年モデルで19万km!走行。車齢と走行距離からは不利と思われがちだがなんのなんの。触媒カット、中間タイコ抜き、きのこ型エアクリ装備の極悪仕様。高回転回転での伸び足を見せるか?


最後にカマタ号。
1996年モデル、走行4万9千km。今レースでは車齢と走行距離が最も浅い。
先日のホイール交換で馬体を増やしたのは果たして吉か凶か?

この3台のなかで誰のVR6が最強なのか!?


ちなみにVR6の馬力、トルクのカタログ値は・・・
170ps/5800rpm、23.9kgm/4200rpm
となります。


測定条件は・・・

測定機:BOSCH FLA-206
天気:曇り
気温:24度
気圧:980hPa
カマタ号コースイン!!
まずはカマタから。

本当は順番をジャンケンで決めたかったのにサイト代表者という理由で有無を言わせず一番手に^^;

さぁどうなるか!?
結果は・・・

出力179ps /5600rpm
トルク23.1kgm /5530rpm

でたー!!カタログ値超え!!
トルクは0.8kgmほどカタログ値より低いですが、スゴイんでないの!?
うちのは若干ファンネル径を大きくしているので、トルクの発生回転数が上昇してますね。

これには皆さん驚きを隠せなかった模様(笑)

しかし・・・


クリックすると大きくなります。
  
yam号コースイン
実は一番パワーが出ているんじゃないの?
と、個人的に思っていたのがこの車。

でもエアクリボックス内のファンネル形状で苦戦。
ダイソーのコップで作ったファンネルはどこまで通用するのか!?
結果は・・・

出力174ps/5600rpm

トルク23.7kgm/4160rpm

yam号もカタログ超え!!
トルクの発生回転数・・・ノーマルとあまり変わらない。
もしかして自作ファンネルは純正と同等の性能?


クリックすると大きくなります。
  
一時はファンネルをいじりすぎて下がスカスカになりどうなることかと思いましたが、さすがyamさん、結果を出してきました。

ちなみに左の写真がダイソーのコップを加工したファンネル。

加工した物を複数もちこんだ模様。キャブのジェットじゃないんだから!(笑)


ところでカマタ号が180ps近い数値を叩き出して一番焦ったのはyamさんでした(笑)
いけいけ号コースイン
分かんない。
この車が一番分からない(笑)


そのあまりに強烈なルックスで一部に熱狂的なファンがいるいけいけ号が登場。

19万km走ってますが、触媒・中間タイコ無し、キノコ型エアクリーナー・・・そして整備は完璧。

分からない。マジ分からない^^;

結果は・・・

出力177ps/5910rpm

トルク22.8kgm/5900rpm


これは・・・!!
いいですか?19万km走った車ですよ!?
結果もさることながら音が素晴らしかった。フェラーリの音でしたね。本当に。
車の姿さえ見なければ間違いなくフェラーリだと勘違いします(笑)
カムとか替えたらもっといくかも??

クリックすると大きくなります。
  
結果発表
結果をまとめてみました。

出力ランキング
順位 出力 出力に影響を及ぼしたと思える主な仕様
1 カマタ号 179ps COXマフラー、エアクリーナーボックス内ファンネル加工
NEUSPEEDシリコンプラグコード、イリジウムプラグ etc
2 いけいけ号 177ps 触媒無し・中間タイコ無し、前期型純正マフラー
キノコ型エアクリーナー、シリコンプラグコードetc
3 yam号 174ps アンストマフラー、エアクリーナーボックス内ファンネル加工(ダイソー)
NGKシリコンプラグコード etc

全車カタログ値をオーバーしているのがスゴイ!!
とりあえず薄氷を踏む思いでカマタが勝たせて頂き、サイト代表として面目を保ちました^^;
でもコレってほとんど誤差の範囲内じゃないですか??yam号とカマタ号の差はたった5psですから。

ところがトルクで見てみると・・・

トルクランキング
順位 トルク
1 yam号 23.7kgm
2 カマタ号 23.1kgm
3 いけいけ号 22.8kgm

なんとyam号が首位に!
ダイソーチューン恐るべし^^;

しかしこうしてみるとVR6のAAA型エンジンって本当にタフなんですね。
いけいけ号は19万kmまで全くオーバーホールせずにあの数値
きちんとメンテすれば20万kmまでカタログ性能を維持するんです!


でも・・・今回の3人は踏む踏む軍団だからエンジンにあたりついている可能性も(笑)


もっといろいろなVR6の数値を測って、AAAエンジンの可能性を見極めたいですね!
この車にも出て欲しかった!!
今回はスタッドレスタイヤのためギャラリーだったいけさんのVR6。

一見4灯ヘッドライト以外変更点が無さそうですが・・・
COXマフラーとBPRが入ってるんです!

この車が参加したら多分カマタは1位を獲れなかったはず・・・

次回は是非パワーチェックしましょう!!
祭りのあと・・・
まずハッキリ申し上げてこの企画面白すぎ!!!
「自分にもまだこんなに熱いハートが残ってたのか!?」とうのが参加者の皆さんの感想では?(笑)

僕はパワーチェック後はサイ○リアなんかじゃなくて笑笑とか養老の滝とかで打ち上げやりたかった!
酒が欲しかった!参加者の皆さんそうでしょ?(笑)

いけいけさん、ほんとステキ企画を持ち込んで頂き感謝感謝です^^

また春になったら馬力祭りやるんで皆さん絶対に絶対に絶対に参加されることをおススメしますよ。
もっともっとVR6が好きになるはず^^


いや〜楽しかった!!
おまけ
今回の優勝賞品、GT-Rラジコンは次回開催時にキャリーオーバーします。
サイト代表の僕が頂くワケにはいかんのですよ^^;

どなたか僕のVR6を負かしてください(笑)

次の記事→
謎の発掘ホイール
カマタのVR6もついにホイールを装着!

←前の記事
MTV2007 房総半島オフ
初冬の房総半島をドライブ!

※関連記事
VR6とは?

謎のマシン、VR6の正体に迫る!!

いけいけ号現る!
超絶マシン、いけいけ号の総て(笑)


copyright(C) 2007-m.Kamata All Rights Reserved